2016年02月11日

カイロプラクティック・整体と骨格矯正



ブラジルでは2016年8月にリオ五輪開催を控えており、渡航した人が日本に持ち込むことにより、国内でのジカ熱流行が危惧されている。

同委員会は蚊が活動する季節ではないことから、感染拡大の危険は極めて低いとしている。

この感染症はアフリカからアジアにかけての赤道付近の限られた緯度の範囲で1950年代から知られており、ジカ熱と呼ばれる。

ジカウイルス(英: Zika virus)は、フラビウイルス科に属する+鎖のRNAウイルスの1種である。

2014年に太平洋をまたいでフランス領ポリネシアとイースター島に、また2015年には南米、中米、カリブ諸国へと西に感染が広がり、シンガポールにまで及んだため、一部でパンデミックと見られている。

中国国家衛生・計画出産委員会は9日、南米ベネズエラを旅行し帰国した江西省の男性がジカ熱に感染したと明らかにした。

ベネズエラ滞在中から発熱などの症状があり、香港や広東省深セン市を経由して5日に地元に戻ったが、6日から隔離治療を受けていた。

1947年、ウガンダにあるジカ森(英語版)のアカゲザルから初めて分離された。

中国でジカ熱の感染が確認されたのは初めて。


金子准教授は「関連分野の研究者らと連携し、臨床応用を目指したい」と話した。

将来は、がん患者の免疫治療に応用が期待できるという。

人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使い、人の免疫機能を活性化させる細胞を作製したと、京都大iPS細胞研究所の金子新准教授らの研究チームが発表した。

人工多能性幹細胞(じんこうたのうせいかんさいぼう、英: induced pluripotent stem cells[注 2])とは、体細胞へ数種類の遺伝子を導入することにより、ES細胞(胚性幹細胞)のように非常に多くの細胞に分化できる分化万能性 (pluripotency)[注 3]と、分裂増殖を経てもそれを維持できる自己複製能を持たせた細胞のこと。

2006年(平成18年)、山中伸弥率いる京都大学の研究グループによってマウスの線維芽細胞(皮膚細胞)から初めて作られた。

再生iNKT細胞は大量に作製でき、さまざまな種類のがん治療に応用が期待できるという。

論文は10日、米科学誌ステムセル・リポーツ電子版に掲載された。

研究チームは、がん細胞を攻撃するキラーT細胞などを活性化させる働きを持つ「iNKT細胞」に着目。

健康な人の血液からこの細胞を採取してiPS細胞を作製し、5週間かけて再びiNKT細胞に変化させた。

「血液のがん」と呼ばれる白血病の細胞で実験したところ、約6割のがん細胞を死滅させたという。

こうして若返った「再生iNKT細胞」は、他の免疫細胞の活性化を助ける機能を維持していたほか、通常のiNKT細胞にはない、がん細胞を直接攻撃する能力を備えていた。


牛痘にかかった人間は天然痘にかからなくなる(またはかかっても症状が軽い)事を発見し、これにより天然痘ワクチンを作った。

弱いとはいえ病原体を接種するため、まれに体調が崩れることがある。

名前の由来はラテン語の「Vacca」(雌牛の意)から。

ワクチンを発見したのはイギリスの医学者、エドワード・ジェンナー。

接種方法としては皮下注射、筋肉内注射が多いが、経口生ポリオワクチン(OPV)のように直接飲む(経口ワクチン)ものやBCGのようなスタンプ式のもの、変則的接種方法として、皮内注射などもある。

WHOはワクチンの実用化に向け、臨床試験の迅速な認可のための支援を必要な国々に行う方針。

ただ、いずれも「開発の初期段階であり、実用化には数年かかる」としている。

ワクチン(独: Vakzin、英: vaccine)はヒトなどの動物に接種して感染症の予防に用いる医薬品。

毒性を無くしたか、あるいは弱めた病原体から作られ、弱い病原体を注入することで体内に抗体を作り、以後感染症にかかりにくくする。

ジカウイルスは、デング熱や黄熱病、日本脳炎のウイルスなどと同じフラビウイルス科のウイルス。

その後、ルイ・パスツールが病原体の培養を通じてこれを弱毒化すれば、その接種によって免疫が作られると理論的裏付けを与え、応用の道を開いたことによって、さまざまな感染症に対するワクチンが作られるようになった。

また、マラリア予防薬のように服用するタイプの予防薬の研究も始まっているほか、ウイルスを媒介する蚊の駆除方法などの検討も進んでいる。

世界保健機関(WHO)は8日、妊婦の感染と新生児の小頭症の関連が疑われるジカウイルス感染症(ジカ熱)のワクチンについて、12の研究グループが開発に着手していることを明らかにした。


虫歯菌は最初からヒトの口腔内に存在しているのではなく、口移しや食器の共有などによって、感染者の唾液が口に入ることによって感染する。

磁気共鳴画像装置(MRI)で確認できる微小な脳出血の跡も多かったという。

国循の殿村修一医師は「病原性の高い細菌を選んでなくす方法を確立できれば、脳出血の予防につながる可能性がある」と話している。

ヒトの口腔内にも存在し、う蝕(虫歯)の原因菌のひとつである。

論文は英科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。

虫歯菌(ミュータンスきん、学名:Streptococcus mutans)とは、グラム陽性で通性嫌気性の連鎖球菌の一種のことである。

しかし、DNAによる同定法などが確立してきたために、それらが別の菌であることが分かった。

虫歯菌の別名でも有名。

研究グループは、国循に入院した脳卒中患者100人から唾液を採取し、中に含まれる虫歯菌を培養した。

虫歯の原因菌として知られる虫歯菌の一種が脳内で炎症を引き起こし、脳出血の発症に関与していると国立循環器病研究センター(国循、大阪府吹田市)などが5日発表した。

なお虫歯菌とは、現在Streptococcus mutansのことを主に指すが、過去にはミュータンス群のことを指していた時代がある。

このうち、コラーゲンと結合して止血作用を阻害する性質を持つ「cnm遺伝子保有株」が検出された患者は、脳出血の発症可能性が他の患者の約4倍あった。

1924年にJ. K. Clarkeによって発見された。

S. mutansやS. sobrinusなどがあるが、それら全てが虫歯菌と考えられていた。










カイロプラクティック

カイロプラクティック(脊椎指圧療法)とは、1895年に米国ダニエル・デビッド・パーマーにより体系づけられた手技療法です。



カイロプラクティックの名称は、ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技」を意味する造語。



世界保健機関WHOでは補完代替医療として位置づけている。



発祥国米国や、イギリス、カナダ、EU諸国などの一部の国では主に筋肉骨格系の障害を扱う骨格健康管理の専門職として法制化されている。



(WHO)世界保健機関の定義では、「筋肉、骨格の障害とそれがあたえる健康全般への影響を診断・治療・予防する専門職である。



治療方法として手によって行われるアジャストメントもしくは骨格マニピュレーションを特色として、特に脊椎のズレに注目している」。



ただしカイロプラクティック(脊椎矯正術)の定義は、様々な協会教育機関によって異なっている時も多くみられます。



また、中には疾病症状元が脊椎などの関節(運動分節)の構造的、機能的な歪み(サブラクセーション)だと考え、そしてそのズレ(サブラクセーション)を手や器具で矯正することで痛み・シビレを治すことがカイロプラクティック(背骨矯正療法)と解釈する人達がいます。






同じカテゴリー(未分類)の記事
 新東名のバームクーヘン (2016-06-03 04:06)
 オブジェ (2016-06-02 01:06)
 長篠設楽パーキング (2016-06-01 05:06)
 きまずいネコ (2016-06-01 04:06)
 ねずみ捕り (2016-06-01 04:06)
 長篠設楽P (2016-06-01 04:06)

Posted by テースト at 10:02 │未分類